奈良アチックフォーラム

なら・アチックフォーラム


人はどう生きてきたのか 第二期


次回上映作品:『秩父の通過儀礼その1~安産祈願から帯解きまで』 vol4

【上映作品紹介】
民族文化映像研究所作品15
秩父の通過儀礼その1~安産祈願から帯解きまで
~埼玉県秩父郡長瀞町・皆野町・吉田町~
人には一個の生命体としての、また社会的な存在としての成長段階がある。
その段階を無事に通過し、健やかな人間に成長していくように、多くの通過儀礼を生み出してきた。
 この記録は全5編のうちの1作目で、出産にまつわる習俗と子どもが7歳になるまでの通過儀礼の
記録である。秩父地方では7歳までを「神の子」といい、日本人の通過儀礼の大半はこの乳幼児期に
集中して行われる。それほどにこの時期は生命体として不安定であり、また大切な時期なのである。

次回日時:8月19日(土)二部制
一部:昼の部15時~
二部:夜の部19時~
上映終了後参加者を交えてフリートークあり(自由参加)
参加費: 1500円(学生800円)


民族文化映像研究所・・・
故 姫田忠義さんが1976年に創立。
日本の基層文化を映像で記録・研究する民間の研究所。
半世紀近い活動から、119本の映画作品と
150本余りのビデオ作品が生まれています。

予約・お問合せ 0742-48-1076(つづきの村)

主催:ならアチックフォーラム
協力:奈良民俗文化研究所・物語くらぶ